忍者ブログ

牛歩庵―鍼灸師・中国語医療通訳/翻訳者のblog

「鍼灸はなんで効くの!?」「ツボって何?」

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サンリ治療院の舟橋先生ご紹介

 私が尊敬する鍼灸師の先生をご紹介します。

岐阜のサンリ治療院の舟橋寛延先生です。
ブログ
「鍼灸で行こう!」
岐阜の
はり灸専門サンリ治療院

私が通っている鍼灸学校の先輩です。
昨年淡路島へ
反応点治療研究会の合宿に行ったときに初めてお会いしました。
リンク先のブログをご覧頂ければ、舟橋先生が言葉をとても大切にされていること、
患者さんと、そして自分自身の人生の充実のために惜しみない努力をされていることが伝わってくると思います。

ご自身の意見はもちろん、対話する相手の状況をしっかりと受け取って、明確に、わかりやすく伝えてくれる。
自分でもどう伝えていいかわからなかったもやもやした思いすら汲み取ってくれる、そんな先生だと思います。
舟橋先生の言葉に救われている患者さんはたくさんおられると思います。
ぜひ一度ご訪問下さい。


同じ時期に入学できたら良かったのに!!


拍手[1回]

PR

本当宣言

 わざわざブログを開設して、実名で書いている意味は何だろうか。

何となく日常で思ったことを当たり障りなく書いて、自慢できることがあったら自慢して、なんとなく読む人にアピールするためのものでよいのだろうか。

あわよくば、ちょっとすごいなどと思ってもらえればラッキー、などと、浅ましい欲を満たすためのものでよいのだろうか。

何か真剣なものをぶつけて、それが大間違いだったり、

誰かがとうの昔に言っていた、ごくありきたりなことだったり、

自分の知性の低さを露呈するものだったり、

人を傷つけるものだったり、

本当に思っていることを書けない、言えない理由とは、そのようなことの発生を恐れる気持ちであるわけです。

日常生活でも、本当に思っていること、言いたいことを言えなかったことで、失敗することが多々あります。

そのような失敗は、他の人より多いという自信があります。何の得にもならない自信が。それが自分に足りない力だということにすら、長い間気づかなかった。

今時の若者、と言えるのかもしれない。もう27だが。

私が名乗っているこの「翻訳者」という職業は、言語Aを使う人々と、言語Bを使う人々をつなげるコミュニケーターです。

そのような仕事をする人間が、「言いたいことが、どういうわけか言葉にならなくて……」では、お話にならない。

山芋ハンターが、「山芋はちょっとネバネバしてるから、なるべく噛まないように食べます」と言っているのに等しい(と思う)。

突然、山芋ハンターという職業が脳裏をよぎったのだが、山芋ハンターという職業は本当にあるのかな?


幼くてもよい。本当に思っていることを書きたい。どうせ今日の自分は人生で一番幼いのだから、幼いのは仕方ない。自信満々で自説を開陳できる日など、来そうもない。

ほんとのほんとのほんとのことは、内緒のノートに書くかもしれないが、このブログ上には、本当のことを書きたい。

世に数多くいるブログ書きの人たちが、何の宣言もなく、いともたやすく、人によっては毎日毎日行っている行動が、私にとっては若干の勇気を必要とする行動だった。

ここにこうして、本当のこととして、記録しておく。

拍手[0回]

気功の先生ご紹介

 神戸在住の気功の先生をご紹介します。

楊震傑(よう しんけつ)先生の「関西中国気功研究会」です。
昨年鍼灸学校で楊先生に気功を教わり、以来親しくおつきあいをさせて頂いています。
気功による生活習慣病予防、リハビリテーションへの応用を提唱されており、神戸を中心にいろいろな場所で講師をなさっています。

気功と聞くと、何か手からオーラを出す訓練を思い浮かべるかもしれません。かくいう私がそうでした。

もちろん、「気」を感じることも大切なのですが、呼吸法、無理のない体の動かし方を身につけられることが非常に有益です。

ゆっくりとした動作と呼吸を、丁寧に丁寧に練習していきますので、腰が悪い方も膝が悪い方も無理なく行えますし、体力のあり余っている人は負荷を強くかける運動も可能です。

楊先生は日本生まれの気さくで陽気なおじさんです。「陽気」というのは気功の先生として一番大事なことかもしれません。(ちなみに「陽気」は中医学用語でもあるのです)
神戸市北区で治療院も開いておられますので、ご興味ある方は一度のぞいてみてください。

【関西中国気功研究会】
http://www.eonet.ne.jp/~health-info-site/kikoutop.html

拍手[0回]

未来

悲しみはどのくらい

喜びはどのくらい

その、つややかだった頬に

叩きつけてきたのか

あなたたちの顔には

あの時の

悲しみと、喜びが

まざまざと

色鮮やかに描かれている

あなたたちは

そうして全ての思い出を

脳だけでは収めきれない

記憶を

体全体に刻んで

持ち運んでいる

重かろう

辛かろう

あなたたちの人生は

あなた一人で背負うには

あまりにも大きい

まっすぐに育った大木

日陰でねじまがった雑木

栄光も

恥辱も

全ての過去を

静脈の浮く両腕にぶらさげて

その先の闇に

颯爽と飛び込んでゆく

老人たちよ

拍手[0回]

初めまして

このブログをごらん頂き、ありがとうございます。
岡本悠馬と申します。

外国語学部で中国語を専攻し、卒業後は2007年~2009年まで、中国上海で働いていました。

2009年春の帰国後は神戸市に在住。
鍼灸学校に通いつつ、行政書士事務所に勤めつつ、中国語翻訳をやっています。

ここでは私の学習記録、授業で学んだこと、中国(語)に関する話題を提供していきたいと思っております。

読者の方にとって何か益するところがあればと思っております。

拍手[0回]

twitter

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
岡本悠馬
性別:
男性
職業:
鍼灸師・中国語翻訳者/医療通訳・講師
自己紹介:
神戸市須磨区妙法寺・南天はり灸治療院の院長・中国語翻訳者です。
2007年~2009年まで在外公館派遣員として中国上海に勤務。現在は翻訳者として活動しています。鍼灸では神経生理学に基づく治療を行います。反応点治療研究会所属。神戸市外国語大学非常勤講師。

手がけたもの:政治、軍事、経済、医薬、ソフトウェア取扱説明書、料理、紀行文、芸術展パンフレット、観光案内、中国語学習教材、古文(唐詩・宋詞など)、現代小説等。

メールアドレス:
okamotoyum★gmail.com(★を@に変えて送信)

最新コメント

[02/26 Surveys]
[06/01 許]
[07/25 Masa@Shanghai]
[07/13 Masa@Shanghai]
[06/18 Masa@上海]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R

フリーエリア

アクセス解析

Copyright © 牛歩庵―鍼灸師・中国語医療通訳/翻訳者のblog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]