忍者ブログ

牛歩庵―鍼灸師・中国語医療通訳/翻訳者のblog

「鍼灸はなんで効くの!?」「ツボって何?」

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神は通貨を超越する

年末から随分いろいろなことがありました。

年末
12月23日~30日、北京・天津へ研修旅行へ
冬の北京は初めて。

出発の少しまえにある人が言った。

「空気が乾いているからそんなに寒く感じないよ」

その言葉を信じていたら、マイナス12度でしっかり寒かった。

天津中医薬大学を見学し(今行っている専門学校は同校と提携を結んでいる)、付属病院や漢方薬製造工場を短時間ながら見学させてもらった。

大学の先生方とお話する機会を得て、今後の道が少し見えた気がした。
でもそれはまだまだ先のことなので、まずは自分が知識と技術をみにつけ、国内で免許を取ることに専念したい。
頭の片隅にでも置いておいて、少しずつ準備しておこう。


初詣は大阪の少彦名神社というところへ。
日本の薬祖神である少彦名命と、古代中国の医薬、農業の神である神農を祭っている。
医療を学び、日本と中国の間であれこれコチョコチョやっている自分にはうってつけの場所だと思った。

ビルに挟まれた小さな場所にあるかわいらしい神社だった。

医薬の神様だけあって、境内に掛けられた絵馬には、

「○○さんの手術が成功しますように」、
「■■さんの病気が完治しますように」

といった切実な願いが込められている。

そんな絵馬がいくつもいくつもぶらさがっている。

幸いにも健康な体で生き、明日はそうでなくなるかもしれない私、それらの人のために力を使わねばならんと思った。

お賽銭は、財布に残っていた人民元を入れておいた。

日本と中国の神なのだから受け取ってくれたはずだ。


拍手[0回]

PR

Comment

せっかくだから

  • NONAME
  • 2010-01-14 22:02
  • edit
どちらのお国の神様にも分かるように
人民元と日本円を両方入れておくか
あえてドル札を入れるとかすると
どうなるのだろう。。

無題

  • 岡本悠馬
  • 2010-01-14 22:55
  • edit
この神社ならば人民元と日本円ならOKだと思います。ヨドバシカメラで中国のキャッシュカードが使えるのと同じだと思って頂いて結構です。

ドル札の場合はアメフトの神様とかハンバーガーの神様を祭っている神社に出向いて、その日のレートで両替してもらうらしいです。

ただ、今はドルが安いので、ドルが値上がりするまでしばらく置いておくそうです。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

twitter

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
岡本悠馬
性別:
男性
職業:
鍼灸師・中国語翻訳者/医療通訳・講師
自己紹介:
神戸市須磨区妙法寺・南天はり灸治療院の院長・中国語翻訳者です。
2007年~2009年まで在外公館派遣員として中国上海に勤務。現在は翻訳者として活動しています。鍼灸では神経生理学に基づく治療を行います。反応点治療研究会所属。神戸市外国語大学非常勤講師。

手がけたもの:政治、軍事、経済、医薬、ソフトウェア取扱説明書、料理、紀行文、芸術展パンフレット、観光案内、中国語学習教材、古文(唐詩・宋詞など)、現代小説等。

メールアドレス:
okamotoyum★gmail.com(★を@に変えて送信)

最新コメント

[02/26 Surveys]
[06/01 許]
[07/25 Masa@Shanghai]
[07/13 Masa@Shanghai]
[06/18 Masa@上海]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R

フリーエリア

アクセス解析

Copyright © 牛歩庵―鍼灸師・中国語医療通訳/翻訳者のblog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]