忍者ブログ

牛歩庵―鍼灸師・中国語医療通訳/翻訳者のblog

「鍼灸はなんで効くの!?」「ツボって何?」

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

透明人間を目指す

健康な状態というのは、体が体として認識されず、まるで自分の体が周りの空気と溶け合ったかのような解放感にあることではないでしょうか。

健康な人が歩くとき、足は足として認識されません。「歩きたい」という意志だけで体が前へ運ばれていきます。

何らかの問題をかかえると、途端に足は片側10kg、計20kgの長い棒に変わります。

体から問題が消えると、今まで自分に向けられていた意識が外へ向きます。他の人を思いやる余裕も生まれ、何かに打ち込むこともできる。

「健康づくり」とは、自分の体を見えなくして、世界に目を向けるための過程といえるのではないでしょうか。

 

しかし、ご存じの通り私たちの置かれた環境は、この体を自由なままで放っておいてはくれません。

 

細菌、ウイルス、ストレス、タバコや自動車で汚れた空気、などなど、いろいろな「病気の元」が侵入し、体は戦いを強いられています。病気との戦いそのものは私たちの知らないところで自動制御で行われていますが、当然その分体の注意はそちらに向かっています。

 

パソコンのウィルスソフトが起動してウィルスを駆逐している状態をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

 

バックグラウンドでなにやらカリカリと動いて、問題は解決されているらしい、でも、その分自分が意識を振り向けているワープロや表計算の作業は遅くなって、なにやらもたついている。

「体が重い」「なんだかしんどい」というのはまさに体がこのような状態に置かれているわけです。

反応点治療では、治療者が訓練を積んだ指先感覚で体表に触れ、問題の在りかをかなりの精度で突き止めることができます。体表に現れた「反応点」に鍼を打ち、お灸を置いて柔らかな刺激を加えてやることで、体が元の状態に戻ろうとする力を引き出しているのです。

拍手[1回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

twitter

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
岡本悠馬
性別:
男性
職業:
鍼灸師・中国語翻訳者/医療通訳・講師
自己紹介:
神戸市須磨区妙法寺・南天はり灸治療院の院長・中国語翻訳者です。
2007年~2009年まで在外公館派遣員として中国上海に勤務。現在は翻訳者として活動しています。鍼灸では神経生理学に基づく治療を行います。反応点治療研究会所属。神戸市外国語大学非常勤講師。

手がけたもの:政治、軍事、経済、医薬、ソフトウェア取扱説明書、料理、紀行文、芸術展パンフレット、観光案内、中国語学習教材、古文(唐詩・宋詞など)、現代小説等。

メールアドレス:
okamotoyum★gmail.com(★を@に変えて送信)

最新コメント

[02/26 Surveys]
[06/01 許]
[07/25 Masa@Shanghai]
[07/13 Masa@Shanghai]
[06/18 Masa@上海]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R

フリーエリア

アクセス解析

Copyright © 牛歩庵―鍼灸師・中国語医療通訳/翻訳者のblog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]