忍者ブログ

牛歩庵―鍼灸師・中国語医療通訳/翻訳者のblog

「鍼灸はなんで効くの!?」「ツボって何?」

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すべてはこの中に

 今、僕の目の前に、料理の本が一冊ある。中華料理の本だ。適当にページを開いてみる。「スープの種類」が目に入った。上湯、毛湯、頂湯、白湯という四種類が紹介されている。どうやらそれぞれに用途は異なるらしい。
僕は、今、四種類のスープがあるということを知った。
知識が一つ増えた。

だが、知識が増えるというのは何だろう。一つのコップから別のコップに水を移すのならわかりやすい。物質の移動があるからだ。
しかし、僕の脳の中に、「知識」という物体が入ってきたのではない。
さっき文字を見たときに、何か物理的なものが頭に侵入してきたかと尋ねられれば「いいえ」と答える。さらに不思議なことに、コップの水を移し替えるのとは違って、本に書いてある事柄も消えていない。

頭の中で回路がつながった、ということらしい。バラバラに存在していた一個一個のニューロン(神経細胞)が、目から入ってきた文字情報を受けて興奮し、お互いに手を伸ばしてシナプス結合をし、情報(電気信号)の交換を始めた。それが「わかる」「知る」の正体らしい。

僕たちの頭脳の中には、産まれた時から「全て」が入っているようだ。全て人間の知識、智慧というのは、ニューロンの組み合わせで決まるということらしい。

しかしそれでも僕にはわからない。なぜニューロンがつながれば、「わかった」ことになるのか。

よく考えればコンピューターも同じだ。ネットにつながっているからといって、ケーブルから何かがじゃんじゃん流れ込んでくるわけではない。電気信号がなにやらピコピコやっているだけだ。
それでも私が見ているスクリーンには、この世のどこかにあるらしい、見たこともない風景が映し出されている。これも細かく見れば、赤青緑の光の点の集合でしかない。その組み合わせが、「画像」なるものを作り上げ、私たちが「風景」として認識している。

何かを「わかる」ということも、これと同じことだろうか。一つ一つでは意味のない情報が、ある規則をもって組み合わさることで、そこに「意味」が生まれる。
意味を与えるのは、僕たち自身だ。

それでは、「意味」とはどこでどうやって決めるものなのだろうか。やはりわからない。

拍手[0回]

PR

Comment

無題

  • のりたか
  • 2010-10-09 16:09
  • edit
理解には言葉以外に五感と経験が必要だと思う。

無題

  • のりたか
  • 2010-10-09 21:28
  • edit
塩の辛さをなめてみてはじめてわかるといった、
頭で知るというより、身をもって知る意ですが。

文字や写真の情報が脳に記憶され知識となる時、
経験に裏打ちされた想像力がカバーするのかな。

無題

  • ゆうま
  • 2010-10-10 02:34
  • edit
>のりたか
確かに、言葉以外のものがカギなのかな。

例えば生まれたときから同じ場所に固定されて、自分で体を動かす経験はおろか映像すら与えられずひたすらに言葉と文字ばかりを与えられて人を育てたとしたら、その人に知識などというものは一切芽生えないと思う。

これはあまりにも極端な例だし実験することも不可能だけど、リアルの世界で自分の体で見聞きしてきたものを土台にする。その上に言葉でもって想像力を呼び起こして、どうにかこうにか頭の中に「知識」という現象を作り出すのだろうね。

言葉というバーチャルなものを、現実に引き寄せるための体験の数が、知識のリアリティを決めるのかな。

無題

  • のりたか
  • 2010-10-10 09:35
  • edit
成る程。

他者や先人の経験、知識を見聞きする事、
追体験できれば、ある程度はいけるかな。

もしかしたらスープも5種類かもしれないし、
信用ベースだが、自分も記憶には自信ないが。

誕生日おめでとう。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

twitter

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
岡本悠馬
性別:
男性
職業:
鍼灸師・中国語翻訳者/医療通訳・講師
自己紹介:
神戸市須磨区妙法寺・南天はり灸治療院の院長・中国語翻訳者です。
2007年~2009年まで在外公館派遣員として中国上海に勤務。現在は翻訳者として活動しています。鍼灸では神経生理学に基づく治療を行います。反応点治療研究会所属。神戸市外国語大学非常勤講師。

手がけたもの:政治、軍事、経済、医薬、ソフトウェア取扱説明書、料理、紀行文、芸術展パンフレット、観光案内、中国語学習教材、古文(唐詩・宋詞など)、現代小説等。

メールアドレス:
okamotoyum★gmail.com(★を@に変えて送信)

最新コメント

[02/26 Surveys]
[06/01 許]
[07/25 Masa@Shanghai]
[07/13 Masa@Shanghai]
[06/18 Masa@上海]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R

フリーエリア

アクセス解析

Copyright © 牛歩庵―鍼灸師・中国語医療通訳/翻訳者のblog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]