忍者ブログ

牛歩庵―鍼灸師・中国語医療通訳/翻訳者のblog

「鍼灸はなんで効くの!?」「ツボって何?」

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

台湾で神様を味方につけた

試験が迫っているというのに、結局8月は事務所の仕事と翻訳をやりつつ、台湾などに行っている間に終わってしまった。

関空で、飛行機を待っているあいだに丸善に行って地球の歩き方を立ち読んで、遅すぎる予習をしていると、ちょうどページを開いたところに「大龍峒保安宮」という、医療の神様を祭った廟の紹介があった。
神様も粋な計らいをするものだ。今回の旅の目的はここに参拝することに決定。

到着した日の晩、連れ添い人は現地の友人と約束があるというので一人で保安宮へ。

ホテルのフロントのお姉さんが親切で、どのバスに乗ったらいいか、地図まで書いて丁寧に教えてくれた。
しかし、教えてくれたバスは間違いであった。

なんとかたどりついた保安宮は市街地にあり、ライトに照らされてあざやかな光を放っていた。

どうやってお参りをすればよいのかわからないので、線香を売っているおじいさんに尋ね、お参りを開始する。

口の字状に並ぶそれぞれの神様を順繰りに訪問し、線香を上げ、頭を下げ、立派な治療家になれるようお願いし、またそのための努力をすることを誓った。結構真剣に祈った。


となりにあった孔子廟にも参った。
一昨年は山東省曲阜にある本家孔子にも参ってきたので、きっと効果も倍増に違いない。

絵馬らしきものが沢山かけられていた。
日本人が書いたものもたくさんある。
「○○になれますように」、「○○大学に合格しますように」
などの札に混じって、
「会計士と税理士の違いを教えて下さい」
と書かれた札があった。

彼の悩みは解決されたのだろうか。

上空を、松山空港に着陸する大きな飛行機がぐんぐんと飛び交っていた。

PO20090831_0007_R.JPG


拍手[0回]

PR

Comment

無題

  • PENSUKE
  • 2009-09-12 10:18
  • edit
神に願うは己の決意。
決して神は人を助けず、人もまた神に頼れず。

いふまさんの祈りは神ではなく
いふまさん自身に届くことでしょう。

ガンバレ!!
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

twitter

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
岡本悠馬
性別:
男性
職業:
鍼灸師・中国語翻訳者/医療通訳・講師
自己紹介:
神戸市須磨区妙法寺・南天はり灸治療院の院長・中国語翻訳者です。
2007年~2009年まで在外公館派遣員として中国上海に勤務。現在は翻訳者として活動しています。鍼灸では神経生理学に基づく治療を行います。反応点治療研究会所属。神戸市外国語大学非常勤講師。

手がけたもの:政治、軍事、経済、医薬、ソフトウェア取扱説明書、料理、紀行文、芸術展パンフレット、観光案内、中国語学習教材、古文(唐詩・宋詞など)、現代小説等。

メールアドレス:
okamotoyum★gmail.com(★を@に変えて送信)

最新コメント

[02/26 Surveys]
[06/01 許]
[07/25 Masa@Shanghai]
[07/13 Masa@Shanghai]
[06/18 Masa@上海]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R

フリーエリア

アクセス解析

Copyright © 牛歩庵―鍼灸師・中国語医療通訳/翻訳者のblog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]